削り絵 (支援キャンペーン)

目の見えにくい方が白い杖で障害物を避けながら目的地まで行くことは、それだけで大変な負担だそうです。
しかし信頼できる盲導犬と歩けば心に余裕が出来て、1人で歩いている時には気づけなかった風の温かさや
花の匂いなどに気づくことができます。盲導犬と歩き感じる世界を、懐かしいクレヨンの削り絵という手法で表
現しました。
●支援団体:日本盲導犬協会
●広告会社:東急エージェンシー
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞/雑誌 他

テレビCM

ラジオCM

ナレーション 盲導犬のナンシーは、鈴木加奈子さんのパートナーです。
目が見えにくい鈴木さんの、毎日の通勤に寄り添って、もう6年になります。
鈴木さん  「ひとりの時は、目的地に行くってだけで、ストレスでした」
鈴木さん  「でも、ナンシーと出会って、外に出るのが楽しみになりました」
鈴木さん・心の声 「あ、いい匂い」
鈴木さん 「花の匂いとか、鳥の声を楽しむ、余裕が生まれてきました」
ナレーション 盲導犬といっしょなら、世界がひろがる。
鈴木さん ナンシー、ありがと。
ナレーション 日本盲導犬協会
CI ACジャパンは、この活動を支援しています。

新聞広告

削り絵