約束の場所 (東京地域キャンペーン)

災害時に最も気になるのは家族の安否です。会社、学校、自宅など、昼間の家族は別々の場所にいることが多いもの。
もし災害が起きて連絡が取れなくなったら、離れ離れになってしまうかもしれません。 それぞれ別の場所にいる家族の
姿を描くことで、「災害時に集まる場所を決めておくことの大切さ」を伝えます。
●テーマ:災害を考える
●広告会社:アサツー ディ・ケイ
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞 

テレビCM

ラジオCM

 父 いってきます。 
 姉 いってきます。
 弟 いってきまーす。
ナレーション(男性) 昼間の家族は、別々の場所にいるかもしれません。
もし、災害が起きて、連絡がとれなくなったとしたら…。
 父 あのさ、ちょっといいかな?
 姉 なになに?
 弟 なに?
 母 どうしたの?大事な話?
 父 ちょっと、みんなで話したいことがあるんだけど…。災害になったときに〜…
 ナレーション(男性) 決めていますか、「約束の場所」。いざというとき、迷わないために。
家族で考えてみてください。
ナレーション(女性) 日ごろ忘れていませんか、大切なこと。
♪:ACジャパン

新聞広告

約束の場所