Report第15回ACジャパン広告学生賞 表彰式レポート

2019年3月22日(金)、東京港区のサントリーホールにて、「ACジャパン広告学生賞」の表彰式が執り行われました。

15回目の開催となる今年は、テレビCM部門29校・201作品、新聞広告部門23校・451作品と、たくさんの応募をいただきました。

グランプリと準グランプリ受賞作品は、ACジャパンの広告として後援社のBS9局、全国5紙で放送・掲載されるとあって、
受賞者たちの喜びもひとしお。会場は若くフレッシュな笑顔と熱い熱気に包まれました。

About広告学生賞表彰式 概要

日時 2019年3月22日(金)14時~16時
主催 公益社団法人 ACジャパン
後援 BS日本 / BS朝日 / BS-TBS / BSテレビ東京 / ビーエス フジ / WOWOW / BS11 / BS12(TwellV) / Dlife / 朝日新聞社 / 毎日新聞社 / 読売新聞社 / 日本経済新聞社 / 産経新聞社(順不同)
会場 サントリーホール ブルーローズ(小ホール)

Review講評

ますます注目を浴びていく「ACジャパン広告学生賞」

公益社団法人ACジャパン 専務理事 宮永 洋

ACジャパン広告学生賞は今年15回目を迎えました。
応募作品数も年々増加していますが、今回は特に新聞広告部門の増加が著しく
前年の288作品から451作品へと1.5倍以上になりました。

増加している応募作品の中で、学生の皆さんが今の社会に何を感じて
何を発信しているのかという事に世の中も大きな興味を感じると思います。

変化の激しい時代だからこそ、ACジャパン広告学生賞は時代の動きを映す
活動としてますます注目を浴びていくのではないでしょうか。

沢山の応募をいただきありがとうございました。

ACジャパン広告学生賞 選考査委員長 高橋 謙二

応募作品の増加も関係しているとは思いますが、TVCMも新聞広告も
今回レベルの高い作品が数多く見受けられました。

審査員各氏の厳正且つ温かい眼差しでの審査・審議の結果、
ACジャパンとして胸を張って放送・掲載できる作品が選考できたと思います。

時代が変わっても映像広告の原点はTVCMであり、
グラフィック広告は新聞広告だと思います。

長年広告に携わるプロフェッショナルも目を見張る、新しい視点や表現技法など、ここ数年で、
「ACジャパンの学生広告」という新しいジャンルが出来てきたように思います。

Winners受賞作品一覧

テレビCM部門TELEVISION COMMERCIAL

  • 29
    応募学校数
  • 201 作品
    応募作品総数
  • 26 作品
    ファイナリスト
作品一覧を見る

新聞広告部門NEWSPAPER ADVERTISING

  • 23
    応募学校数
  • 451 作品
    応募作品総数
  • 28 作品
    ファイナリスト
作品一覧を見る