Report第14回ACジャパン広告学生賞 表彰式レポート

2018年3月9日(金)、東京港区の電通ホールにて、「ACジャパン広告学生賞」の表彰式が執り行われました。

14回目の開催となる今年は、テレビCM部門29校・185作品、新聞広告部門21校・288作品と、たくさんの応募をいただきました。

グランプリと準グランプリ受賞作品は、ACジャパンの広告として後援社のBS9局、全国5紙で放送・掲載されるとあって、
受賞者たちの喜びもひとしお。会場は若くフレッシュな笑顔と熱い熱気に包まれました。

About広告学生賞表彰式 概要

日時 2018年3月9日(金)14時~16時
主催 公益社団法人 ACジャパン
後援 BS日本 / BS朝日 / BS-TBS / BSジャパン / ビーエス フジ / WOWOW / BS11 / BS12(TwellV) / Dlife / 朝日新聞社 / 毎日新聞社 / 読売新聞社 / 日本経済新聞社 / 産経新聞社(順不同)
会場協力 電通ホール(東京・港区)

Review講評

「若きメッセンジャー」にエール。ACジャパン広告学生賞 選考委員長 高橋 謙二

今年で14回目を数える学生賞ですが、
テレビCM部門の応募総数が185作品、2年目の新聞広告部門は倍増の288作品となり、
トータルで過去最大の応募をいただきました。

作品のテーマは多岐にわたり、今の世相をリアルに反映していました。
自殺、親子のコミュニケーション、スマホマナー、ネット中傷、 
公共マナー、言葉使い、命の大切さ、環境問題、動物愛護、就活での東京と地方の格差が描かれた、
学生さんが今抱える問題を描いた作品もとても印象に残りました。

表現技術も昨年よりさらにレベルアップしていました。
CM映像の構成や演出、新聞のデザイン、コピーなどプロ顔負けの作品もありました。
ところで、ある生物学者によりますと、人間は進化するほど自己中心的で我が儘になるのだそうです。
ということは人が寄り集まったこの社会は進化と背中合わせに問題は増え続け、新たな問題や
想定外の問題も発生するでしょう。そんな兆しをいち早くキャッチし、ソリューションしていくのは
新しい時代を生きていく濁りのない目と心を持つ皆さんです。

自ら創ったCMや新聞広告に込めたメッセージをマスメディアに乗せて世に問いかけていく。
その反響の大きさに驚くかもしれません。そこには社会の問題に対して一石を投じる「責任と快感」があります。
問題を捉えメッセージの送り手になるのは受け手でいるよりずっと大変だと思いますが、
社会をよくすることに参加することはとても意味のあることだと思います。

社会人になってもそんな「メッセージの発信者」という意識をどうか持ち続けてください。
これからが本番です。
本日はおめでとうございます。そして、ありがとうございました。

Winners受賞作品一覧

テレビCM部門TELEVISION COMMERCIAL

  • 29
    応募学校数
  • 185 作品
    応募作品総数
  • 16 作品
    ファイナリスト
作品一覧を見る

新聞広告部門NEWSPAPER ADVERTISING

  • 21
    応募学校数
  • 288 作品
    応募作品総数
  • 27 作品
    ファイナリスト
作品一覧を見る