ACジャパン広告作品アーカイブ

1 - 5 件 ( 709 件中)

制作: 2015 年度

全国キャンペーン

テーマ:「 公共心 」

制作:東北博報堂 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌/屋内外ビジョン

見ず知らずの人同士が集まる公共の場ではさまざまな「イライラ」の種があります。街の機嫌は壊れやすいもの。ちょっとしたことが許せる気持ちが世の中に少し足りていないかもしれません。幅広い世代から共感を集めている相田みつをさんの詩を引用し、公共の場においておおらかな気持ちでいることの大切さをメッセージしました。

制作: 2015 年度

全国キャンペーン

テーマ:「 人の気持ちになって考えることの大切さ /子供をターゲットに 」

制作:サン・アド 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌/屋内外ビジョン

空想や夢を見るときに使う想像力も、人の悲しみや痛みを想像する力も、ほんとうは同じものなのでは?という考えから生まれた企画です。子供たちみんなが元々持っていて、大人よりもずっと豊かに使いこなしている想像力を、人の気持ちにも使ってみようというメッセージとともに、少年が次々と変身していくストーリーに込めました。
※2014年度に制作した広告を継続展開しました。

制作: 2015 年度

広報キャンペーン

テーマ:「 ACジャパンの認知・理解促進 」

制作:電通 中部支社 

掲載メディア: 新聞/雑誌

ACジャパンの広告を目にしたことがあっても、「ACジャパンについて」 詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。広告を通して世の中をよりよくするという目標のもと、ACジャパンでは多くの民間企業・団体が規模も競合も関係なく協力しています。その姿をACジャパンのロゴを通してビジュアル化し、多くの人にACジャパンの活動を知っていただくことを目指しました。

制作: 2015 年度

北海道地域キャンペーン

テーマ:「 災害を考える 」

制作:北海道博報堂 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌

平日の昼間に起きた「東日本大震災」や寝静まった真夜中に発生した「広島市土砂災害」など、自然災害は様々な時間に発生しています。どんな災害も起こらなければいつもと変わらぬ「日常」だったはず。 実際に災害が発生した時間と、日常の中で対処しづらいシーンをモチーフに構成することで、災害時どこで何をしているかを知ることができないからこそ、日ごろから防災意識を持つことが大切だと訴えました。

制作: 2015 年度

東北地域キャンペーン

テーマ:「 災害を考える 」

制作:アサツーディ・ケイ東北支社 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞

震災で被害を受けた中学校の生徒たちが防災について何ができるだろうと考え、発案したのが「いのちの石碑プロジェクト」。このプロジェクトを題材に、災害から命を守ろうとすることの大切さを伝えました。震災から4年が過ぎ、次第に記憶が薄れゆく中で、私たちが常に胸に留めておきたい「防災の心」を遠い未来へと語り継ぎます。 
◆第46回仙台広告賞 ラジオ部門 特別賞