その危険見えてますか(全国キャンペーン)

視覚障害者が外でぶつかるモノと言えば、車や点字ブロック上の障害物でしたが、スマホの普及とともに人との接触事故が増えています。視覚障害の方が注意をはらって歩くとき、赤信号やホームの端の位置には気付く事が出来ても、歩きスマホで向かってくる人だけは避けられないのです。日本盲人会連合の調べによると、非常に多くの歩きスマホとの接触事故があることを知り、いま伝えるべきニュースとして取り上げました。ナレーションは草彅 剛さんにお願いしました。

●テーマ:視覚障害者と歩きスマホの接触事故
●広告会社:電通アドギア
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞/雑誌 他

テレビCM(60秒)

ラジオCM

ナレーション
(草彅 剛さん)
ある方は、杖で地面をたたく音、あえて強くしているそうです。
ある方は、通ります、と声を出して進むようにしているそうです。
今、歩行者の不注意によって視覚障害者の約2人に1人が接触事故に巻き込まれています。
歩きスマホは、危ない。
見えるのに、見ていない人。その危険見えてますか。
♪:ACジャパン

新聞広告

その危険見えてますか
(マウスをのせると拡大します)