おむすびころりん、1億個(全国キャンペーン)

日本国内の食品ロスの量は年間およそ643万トン。これは、わたしたち一人一人がまだ食べられるおにぎり1個を毎日捨てているようなものです。この問題を身近に感じてもらうべく、誰もが知っている童話「おむすびころりん」をモチーフに表現しました。ナレーションおよび全てのキャラクターの声は、清水ミチコさんにご担当いただいています。
●テーマ:未来のためにできること(食品ロス)
●広告会社:I&S BBDO
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞/雑誌 他

テレビCM(60秒)

ラジオCM

ナレーション
(清水ミチコさん)
現代版「おむすびころりん」
おじいさんが山でお昼を食べていると・・・
おじいさん あっ!
ナレーション
(清水ミチコさん)
食べきれないおむすびを落としてしまったそうな。
おむすび ころりん すっとんとん♪
おじいさん 待て、待て待て。え? 待て待て!
合わせて ころりん・・・♪ 1億個♪
おじいさん いちお・・・く・・・?
ナレーション
(清水ミチコさん)
日本では、今日も1人につき、おむすび1個分、
合わせて1億個分以上の食べ物が捨てられています。
おじいさん  もったいない・・・
ナレーション
(清水ミチコさん)
食品ロスを、一人ひとりが考えよう。
CI ACジャパン

新聞広告

おむすびころりん、1億個
(マウスをのせると拡大します)