話せない子どもたち(北海道地域キャンペーン)

2015年度の北海道の児童虐待相談件数は、過去最高で全国平均を上回る増加率です。虐待を受ける子どもたちは、虐待の原因が自分にあると思い被害を訴えません。虐待を受けた子ども達が親に愛されたいとの切ない想いを伝えながら、周囲の気づきと通報が大切であることを、子どもの「何かを訴えかける」印象的な映像で強く訴求します。
●テーマ:児童虐待の防止
●広告会社:電通北海道
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞/雑誌

テレビCM

ラジオCM

SE (ピアノの音)
ナレーション いま北海道では、児童虐待の相談が平均1日10件以上、寄せられています。
BGM
男の子 「お母さんに嫌われたくないから」
女の子 「お父さんに迷惑をかけるから」
ナレーション 虐待を受けても子どもは自分のせいだと思い、話してくれません。
子どものSOSに気づくのはまわりにいる私たちです。
虐待かな?と思ったら相談ダイヤル189
いちはやく へご連絡ください。
男の子 「きっと自分が悪いから」
ナレーション 話さない。いいえ、話せない。
♪:ACジャパン

新聞広告

話せない子どもたち
(マウスをのせると拡大します)