命の水、命がけの水 (支援キャンペーン)

「命の水」と呼ばれるくらい、水は生きていく上で欠かせないもの。それなのに、水を汲みに行くことも飲むことも命がけになってしまっている地域が今もたくさんあります。そのことを、マダガスカルの子どもが水を汲みに行く日常で伝えながら、ウォーターエイドジャパンの活動の重要性を訴えます。現地のリアルな映像と、満島ひかりさんによる説得力のあるナレーションで、「清潔な水が届くことの大切さ」を伝えていきます。

●支援団体:ウォーターエイドジャパン (ウォーターエイドジャパンのサイトを見る)
●広告会社:JR西日本コミュニケーションズ
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞/雑誌 他

テレビCM

ラジオCM

BGM ♪~
ナレーション
(満島ひかりさん)
マダガスカルのネニーちゃんは、水を汲むために、
険しい道を毎日何往復もする。
それでも、手に入るのは、飲めば命を落とすかもしれない汚れた水。
命の水、だけど命がけの水。
そんな人々の暮らしを変えるために、世界中に清潔な水を届ける。
ウォーターエイドジャパンにご協力ください。
清潔な水が、人生を変える。
CI ACジャパンは、この活動を支援しています。

新聞広告

命の水、命がけの水
(マウスをのせると拡大します)