世間の誤解に吠える (支援キャンペーン)

盲導犬は「無理を強いられている」、「ストレスで命が短い」、「かわいそう」。そういった世間の目は、すべて誤解です。また、その誤解が飼い主を苦しめています。そんな「誤解」を「理解」へと導くために盲導犬自身が立ち上がります。CMでは俳優の佐々木蔵之介さんが盲導犬の声を務め、真面目な話からきさくな話まで、吠えたり悲しんだり、ワンダフルなトークで誤解を解いていきます。

●支援団体:日本盲導犬協会 (日本盲導犬協会のサイトを見る)
●広告会社:博報堂 中部支社
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞/雑誌 他

テレビCM

ラジオCM

SE (街の音)
一般の声A 盲導犬って大変そうだよね…
一般の声B ストレス多そう…
一般の声C かわいそう…
盲導犬
(佐々木蔵之介さん)
え?ボクのこと、そんな風に思てんの?!
世間の誤解に、吠えさせてもらいますわ!
これやってんのは、たくさん褒めてもらえて嬉しいからや。
楽しめる犬しか、盲導犬にはならへんのやで。
うちら、いつでも一緒におんのが幸せや思てんのに。
そんなん言われたら、相方も悲しむわ。
どうか、そんな目で見んといてや。
ほんまに、お願いしますわ。
SE (信号機の音声)
ユーザー ストレート、ゴー!
盲導犬
(佐々木蔵之介さん)
ほな、行こか。
ナレーション ワン!ダフルな、ご理解を。
盲導犬
(佐々木蔵之介さん)
♪~(鼻歌)
ナレーション  日本盲導犬協会
CI ACジャパンは、この活動を支援しています。

新聞広告

世間の誤解に吠える
(マウスをのせると拡大します)