最初の一粒(支援キャンペーン)

「最後の一粒まで」日本人の食を大切にする気持ちに対して、「最初の一粒もない」ショッキングな事実を提示。世界の食料不足への興味関心を喚起します。日本と世界の食の対比を描くことで、世界の問題を自分ごと化。紛争や気候変動などのために飢餓に陥っている人がいることを、数値を示しながら伝えています。女優の杏さんにナレーションのご協力をいただき、豊かな表現力で力強くも優しく訴えかけていただきました。

●支援団体:国連WFP協会 (国連WFP協会のサイトを見る)
●広告会社:新東通信
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞/雑誌 他

テレビCM

ラジオCM

子供 いっただっきま〜す。
お母さん
(杏さん)
最後の一粒までちゃんと食べるのよ。
ナレーション
(杏さん)
最後の一粒、日本の食卓では、
そんな風に言うのかもしれません。
でも・・・。
SE カランッ(空の器にスプーンが転がる音)
ナレーション
(杏さん)
最初の一粒もない子が、
世界にはたくさんいるのです。
紛争や気候変動などのために
10人に1人が飢餓に陥っています。

あなたの支援した一食から、
未来は少しずつ変わります。

国連WFP協会
ナレーション AC ジャパンは、この活動を⽀援しています。

新聞広告

最初の一粒
(マウスをのせると拡大します)