万が一じゃなく二分の一 (支援キャンペーン)

「二人に一人が、がんになる」といわれる今の時代、「決して他人事ではない」という事実を、いかに印象的に伝えるかということに重きを置いた企画です。「万が一」という言葉と「二分の一」という言葉を効果的に用いて、がんを自分事として強く認識してもらうことで、がん検診の受診率向上につなげることを目指しています。

●支援団体:日本対がん協会
●広告会社:東急エージェンシー関西支社
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞/雑誌 他

テレビCM

ラジオCM

BGM ♪~
あのさぁ、万が一のことなんだけど…
ん、万が一?
そう、万が一、ぼくががんになったら…
何よー!万が一なんて!
でも、万が一ってこともあるだろ?
うーん、でも、万が一なんて考えたくないわ…
いや、だから、万が一ってことだよ…
ナレーション がんは、万が一じゃなく二分の一。
日本人の生涯で2人に1人は、がんになると言われています。
夫妻 えっ!?
ナレーション でも、早期発見・早期治療で多くが治る時代でもあります。
定期的な検診をどうか心がけてください。
夫妻 はいっ!
ナレーション 日本対がん協会。
CI ACジャパンはこの活動を支援しています。

新聞広告

万が一じゃなく二分の一
(マウスをのせると拡大します)