検査が、かん腎(支援キャンペーン)

お腹が痛いとか頭が痛いとか、何か症状があれば病院に行くとか薬を飲むとかの対応ができます。ところが腎臓は悪化するまで症状が出にくいのが特徴。それだけに定期的な検査が大切になります。この企画では意外に多い慢性腎臓病の羅患者数をフックに、落語家林家たい平さんの巧みな話術で定期的な検査を呼びかけます。また、その検査が尿や血液検査など負担のかからないものであると知っていただき、検査へのハードルを下げることも目指しています。

●支援団体:日本腎臓財団 (日本腎臓財団のサイトを見る)
●広告会社:ADKクリエイティブ・ワン(関西)
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞/雑誌 他

テレビCM

ラジオCM

林家たい平さん 林家たい平です。

えー、腎臓という臓器がございまして。
困ったことに、悪くなっても、
ほとんど自覚症状が出ないんだとか。

腎臓さーん!
どっか悪いのかい?

腎臓さーん!

……
ね、無口でしょ。
ナレーション 知らない間に進行する慢性腎臓病は、
いまや成人の8人に1人。
でも血液検査や尿検査など
簡単な検査で見つけることができます。
進行する前に定期的な検査を。
林家たい平さん なるほど、
腎臓だけに、検査がかん腎ってね。
ナレーション 日本腎臓財団
ナレーション ACジャパンは、この活動を支援しています。

新聞広告

犯罪者のセリフ
(マウスをのせると拡大します)