早川選手の、命のサポーター。 (支援キャンペーン)

サッカー選手の早川史哉さん(アルビレックス新潟所属)は、2016年に急性白血病を発症。治療のための骨髄移植を受けたのち、チームの仲間やファンなど多くのサポートを受けながらリハビリとトレーニングを続け、2019年10月に公式戦でのフル出場を果たしました。ドナーの方をはじめ、多くの人のサポートを受けて病に打ち勝つことができた早川選手。その経験や思いを伝えることで、若い世代に向けて「命のサポーター」としてドナー登録を呼びかけます。

●支援団体:日本骨髄バンク (日本骨髄バンクのサイトを見る)
●広告会社:電通
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞/雑誌 他

テレビCM

ラジオCM

ナレーション サッカー、アルビレックス新潟 早川史哉選手。
彼は、2016年に急性白血病を発症した。
早川史哉選手 最初は白血病と聞いて、ショックは受けましたけど。
ドナーの方であったり、本当にたくさんのサポーターに応援してもらったっていうのは、僕自身もの凄く大きな力になったなと。
ナレーション 骨髄移植を受けて、2019年、現役復帰。公式戦フル出場を果たす。
早川史哉選手 みんなのサポートがあったから、僕は再びこの場所に戻ってこれた。
ナレーション 骨髄バンクで移植を待つ人は、年間およそ2000人。
まだ4割の方に、ドナーが足りません。
早川史哉選手 命のサポーターに、登録してください。
ナレーション 日本骨髄バンク。
CI ACジャパンは、この活動を支援しています。

新聞広告

早川選手の、命のサポーター。
(マウスをのせると拡大します)