ながら勤務 (支援キャンペーン)

「二人に一人が、がんに罹る」といわれる現代は、働きながらがんと共に生きる時代です。がん患者が働くことを「ながらワーカー」というワードに置き換え、相談しながら、話し合いながら、通院しながら、治療しながら働くという、現代のがん治療のスタイルを伝えていきます。また、がんを克服して社会復帰した方や治療中=ながら中の方の前向きなメッセージを発信します。

●支援団体:日本対がん協会
●広告会社:新東通信
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞/雑誌 他

テレビCM

ラジオCM

BGM ♪~
男性A 私は“ながら”ワーカーです。
“がん”になっても、通院し“ながら”働くことで、気持ちも前向きになりました。
女性A 私は、薬を飲み“ながら”。
男性B 私は、体調と相談し“ながら”。
女性B 会社や病院と話し合い“ながら”。
4人 私は“ながら”ワーカーです。
ナレーション がんは、治療し“ながら”働く時代へ。
がんに負けない社会をつくる日本対がん協会です。
CI ACジャパンはこの活動を支援しています。

新聞広告

ながら勤務
(マウスをのせると拡大します)